« ロシアの政治は、帝政ロシアも、レーニンのボルシェビキも、スターリンの時代に強化された「思考停止」のロボット官僚が担い、命令以外は機能しない | トップページ | 国連は無能で脳天気な町内会で無用ではないかと言われつつ、ロシアのウクライナ侵略で「ロシア非難」を国連総会へ持ち込み141票で決議したと »

2022/03/02

ウクライナは、ようやく「EU 欧州連合」への加盟を申請! 遅きに失したが「社会経済」の一体化が「軍事同盟」より先に進めるべきなのだ!

ウクライナは「EU」加盟を申請し、即時の承認を求める。
ようやくか。やっと理解したのか? 誰がどう考えても順序が逆なので。


先ずは「EU」に加盟し、
「欧州連合」の国としての「社会経済」のポジションを確立する事で、
その「社会経済」を保全するため「EU」の一員として「NATO」加盟が順序だろうと指摘し続けてきた。


それなら、ロシアは「異論」を主張しクレームを付けるだろうが、
基本は「社会経済」の枠組みなのだから、強烈な不満を述べてもウクライナの「EU」加盟を阻止できない。


その上で「EU」を保持する上で「NATO」加盟は、理由の説明も合理性が生じ、ロシアの反対を「EU」全体の問題として議論する事になる。
如何にプーチンが独善性を発揮しても、
少なくとも、この度の「軍事侵攻」をする理由に上げる事はできない。


そこが、ウクライナも政略と戦略の思考が稚拙であり、判断を間違えたと指摘し続けてきた。
今さら、ロシアの一方的な侵攻(侵略)を現段階では阻止できないが、
戦い持ち応えている間に「EU」は、ロシアを懼れずウクライナを救うためにも緊急避難の即時加盟を承認すべきと考える。


引用開始→ ウクライナ、EU加盟申請 「即時承認を」と大統領
(時事通信2022年03月01日13時07分)

 【ブリュッセルAFP時事】ロシア軍による侵攻を受けたウクライナのゼレンスキー大統領は28日、同国の欧州連合(EU)加盟を申請する文書に署名した。ゼレンスキー氏は「新たな特別手続きを通じた即時承認」をEUに求めた。
停戦交渉、隔たり大きく いったん終了、近日再開―ロシア軍の攻撃続く・ウクライナ

 ゼレンスキー氏は「われわれの目標は(欧州各国と)一体化し、何よりも対等な立場になることだ」と強調した。←引用終わり

ベラルーシは「白旗ロシア」にも関わらず、
「白旗」を揚げずに、強盗の本領を発揮しルカシェンコの言うとおり「ウクライナ」侵攻を目指し、ロシア軍の兵站を保障し、摘まみ食いやら盗み出しで漁夫の利を得ようとしている。


引用開始→ ロシア軍車列、約64キロの長さに膨張 キエフに進軍
(日本経済新聞2022年3月1日 12:15)

ウクライナの首都キエフ近郊にいるロシア軍の車列が40マイル(約64キロメートル)以上に及ぶことがわかった。米衛星情報会社マクサー・テクノロジーズが28日公開した衛星写真で判明した。キエフに向かって移動中のロシア地上軍の車列とみられる。

マクサーは同日午前にロシア軍の車列は27キロだと報告していたが、大幅に長くなっているとわかった。ロイター通信によれば、同社は「車列が装甲車、戦車、兵たん用車両などで構成されている」と分析している。

ロシア軍は「数日間でキエフ包囲を狙う」(米国防総省高官)とみられている。←引用終わり

|

« ロシアの政治は、帝政ロシアも、レーニンのボルシェビキも、スターリンの時代に強化された「思考停止」のロボット官僚が担い、命令以外は機能しない | トップページ | 国連は無能で脳天気な町内会で無用ではないかと言われつつ、ロシアのウクライナ侵略で「ロシア非難」を国連総会へ持ち込み141票で決議したと »