« 日本の祭が戻ってきた! 博多の町衆は盛大に「博多祇園山笠」を3年ぶりに心意気を示し。 京都は2年の雌伏を経て日本の祭を代表する「祇園祭」を! | トップページ | ウジモトイヤミ+アンポンタンムズホ+ジャマモットダロォ+イヤラシイは、日本を貶めるために手段を選ばず反対し、コヤツらを踏み付け一掃しろ »

2022/07/17

新興宗教に嵌められのめり込む汚ヒトは、純粋と言えば聞こえはヨイが、単に世間知らずの「阿呆」に過ぎぬ。総てをシャブリ尽くされ打ち棄てられる

固より胡散臭い「統一教会」の名が出て、
世間はアッと驚き、記憶を呼び戻し、実態に覚醒せよと!


この度の「統一教会」について巷間での認識は:
文鮮明が日本での布教活動の協力を岸信介に求め。
「共産主義」の浸透防止でも相互に協力を。「勝共連合」を形成し活動した。
自民党に接近し続け影響力を行使した。
岸信介の孫「安倍晋三」は、因果か統一教会を恨む人物に銃撃され斃れ逝去した。


そこで、統一教会が相手なら大エースの「紀藤正樹弁護士」が満を持してマウンドに現れ。
連日にわたり、保有する資料を駆使し、
一刀両断で事実暴露を繰り広げ・・・


一気に形勢逆転へ追い込まれ、アベノモウジャは発狂する可能性もあるワケで、汚ミギ汚花畑が、どのように荒れ狂うかは見てのお楽しみという事になりそうな雲行きに・・・


ヒダリドンベのパヨク汚花畑、リベ珍の夢想花畑も、ナカナカ醜いモノですが。
汚ミギ汚花畑や華々しい大花火の連続打ち上げも、ヒステリックで何処となく虚しく怪しい連続強訴に過ぎませんが。
この際、アベノモウジャ(散る怒連)も、冷静な思考を取り戻す(のは無理か)ため、心から脱け自身のチカラで立つ事を期待したい。
集団ヒステリーの権化ドモは「世(余)に抗う事は許せない」が、双方の基軸ですから。汚いツラで笑わしょるからなぁ~!


引用開始→ 旧統一教会は「日本政府を利用したい」モーニングショー紀藤弁護士、55億円被害の家庭崩壊例も明かす
(リアルライブ 2022年07月13日 13時30分)

 宗教トラブルに詳しい弁護士・紀藤正樹氏が、13日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。昨日12日に続いて、宗教法人・世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)の暗部について語った。

 昨日の同番組で、家庭連合・田中富広会長の会見での発言について、「100%嘘としか言いようがない」と主張していた紀藤氏。この日は、政治と宗教の関わりについてクローズアップした。

 「統一教会から見ると、日本政府を利用したいんですよね。そのためにタダ働きの部隊を持っているんです。選挙と言うのはお金を基本的には使ってはいけませんから、タダ働きの人たちが100人とか集まってくれると、選挙ではものすごく戦いやすい」と指摘。選挙運動に、家庭連合の信者を送り込んでいた可能性に言及した。

 ​>>旧統一教会の会見「100%嘘としか言いようがない」モーニングショー紀藤弁護士の断罪に驚きの声<<​​​

 一方で、「新人議員を中心に統一教会は非常に使いやすいので、運動員に使っていたんですよね。その関係がずーっと途切れないと言うか」と家庭連合の信者と知りつつ、運動員として使っていた候補者もいると、“相互関係”について驚きの証言をした。 
 
 紀藤氏はまた、多額の献金で家族全体が崩壊した例を挙げ、「私の弁護士経験の中で、統一教会の被害で最も高額な被害は一家で55億円です。55億円を統一教会に献納させたという事件がある」と告白。そして、「過去にやっておいて、なんの総括もしないというのが、コンプライアンスと言われてもびっくりしちゃうんですよね」と田中会長を糾弾。

 一方で、こうした「宗教によって家庭崩壊した被害を、財政的に救済するのは難しい」とも述べた紀藤氏。家庭連合を信仰する親のもとで生まれ、自らもその信者になった子ども、いわゆる「2世信者」の一例について、「未成年であることを隠して水商売していた。本当に可哀想だなといつも思ってました。一時期、ある2世信者の人、あまりにも可哀想だから養子にしようと思ったことすらあります」と驚きの過去を明かした。

 そんな信者たちの救済活動を、長年にわたって行ってきた紀藤氏は「我々の力が及ばなかったから今回の事件が起きたくらいに後悔の念、自責の念にさいなまれている」と語り、「もっとこれを世間に広めていたら、今回の事件はなかったんじゃないか」と後悔の念を露わに。そして事件の全容解明を求めつつ、「国会でも検証委員会を開いてもいいくらいの大事件だと思う」と私見を展開していた。

 この日も様々な闇を約40分にわたって喝破した紀藤氏。ネットでは「今日も凄いぞ」など驚きのリアクションが占めていた。←引用終わり

胡散臭い半島宗教に、騙されし、舐られし、数多のヒツジドモよ!
喰い喰われ悔いたのか!? 脱会し人生を真面に奪回できたなら、それは真に望外の善でアル。


閉じ込められた「狭く小さな世界」だけを覗き、
そこで、吹き込まれ、持ち上げられ、舞い上がり、利用され、吸い尽くされ。
如何に、強弁を講じようと、初期に刷り込まれ協力し、亜流ではないと、お墨付きを与え足場形成に協力し、忖度させた爺の「死宮忖度」は究極の売国奴だった。


WWⅡ終戦間際に、時の東條英機を「黙れ兵隊!」と、叱責したかも知れぬが、巣鴨で露と消えず、復活してからは米国を軸に「売国一途」に専念し、代々に亘り「売国一途」を強要し貫かせた。
それを時に指摘する度に、
猛然たる「アベノモウジャ」から集団で襲いかかられる始末だった。


事実は、事実なのだ! ヨイか、事実は都合が悪くても消せないのだ!

それは、「統一教会」に入会し信者となり、
「合同結婚式」に出席し、見事な広告塔の役割を果たした者ドモは、いくら都合の悪い点を隠そうとしても隠せず消せずなのだ。


「アベノモウジャ」ドモは、
現在、打ちのめされた余りの衝撃に吾を忘れ、
「統一教会」を激しく非難する側と、一切、それに触れず「奈良県警」の失態や「メディア」非難で身を護る側へ二分されているようだが・・・


風の吹き方、風向き次第では、
「陰謀論」が姿を顕し、再び事実を観ない集団ヒステリーに身を沈め、より強固な「アベノモウジャ」として身を固め、メディアと紀藤正樹弁護士を非難するワケの分からん状況へ身を置くのだろう。


引用開始→ 絶大な人気を誇った歌手、元五輪選手も参加 旧統一教会の「合同結婚式」、その後の人生は
(リアルライブ 2022年07月14日 07時00分)

 安倍晋三元首相銃撃事件で逮捕された容疑者の男性が「母親が宗教にのめり込み一家が破産し恨んでいた」と名前を出したことで、世界平和統一家庭連合へ注目が集まっている。メディアでは、2015年の改称前に用いられていた旧統一教会として報じられている。

 容疑者は、旧統一教会と安倍氏の祖父である岸信介氏との関わりの深さを知り、孫である安倍氏に狙いを定めたとも言われる。

 旧統一教会と言えば、今から30年ほど前の1990年代初めには、連日ワイドショーを騒がせていた。特に注目を集めたのが合同結婚式である。

 >>旧統一教会の会見「100%嘘としか言いようがない」モーニングショー紀藤弁護士の断罪に驚きの声<<

 これは、旧統一教会の信者が教祖である文鮮明氏(2012年に死去)の元へ写真を送り、相手を選んでもらう制度。相対者(婚約者)として写真が送られてくる。

 合同結婚式は、韓国で数千人~数万人が集まる巨大な行事として行われる。特に注目を集めたのが1992年8月25日に行われたもので、日本から芸能人、著名人の信者が参加した。

 1970年代に森昌子、山口百恵さんとともに「花の中三トリオ」として活躍した桜田淳子は、合同結婚式への参加を記者会見で表明。姉の影響で19歳ごろから入信していたと明かした。以降は合同結婚式で知り合った相手との間に3人の子どもを設け、芸能活動をセーブしながら沈黙を守った。当時のマスメディアの報道では、著名人の桜田を団体の広告塔と見る論調もあったが、そうした事実はないようだ。近年でも一部報道で芸能界への本格復帰が取り沙汰され、背景に離婚と脱会があるのではともされたが、実際は子育てが一段落したためとも言われている。

 ロサンゼルスオリンピックに出場するなど体操選手として活躍後、タレントに転身していた山崎浩子も、合同結婚式への参加が報じられた。ただ、翌年1993年4月に姉の説得などにより脱会を表明する。合同結婚式で知り合った婚約者とは入籍をしておらず、そのまま別れる形となった。このほか、バドミントン選手の徳田敦子氏も合同結婚式へ参加した。

 合同結婚式は近年も行われており、『イット!』(フジテレビ系)では2020年に取材した時の映像が流れるなど、改めて注目を集めていると言えそうだ。←引用終わり

|

« 日本の祭が戻ってきた! 博多の町衆は盛大に「博多祇園山笠」を3年ぶりに心意気を示し。 京都は2年の雌伏を経て日本の祭を代表する「祇園祭」を! | トップページ | ウジモトイヤミ+アンポンタンムズホ+ジャマモットダロォ+イヤラシイは、日本を貶めるために手段を選ばず反対し、コヤツらを踏み付け一掃しろ »