« 県を超えた小さな協力協業ですが、それぞれの地域が持つ特徴や技術力を交換し活かし「新しいモノやコト」を創造する事は相互の地域を強くします | トップページ | 国連は、ようやく現代的形態の奴隷制担当の小保方智也氏が特別報告を行い「中国の不正を明らかにする」が、当の中国は激しく反発し激しく非難する »

2022/08/22

北信で見て感じた素朴な違和感! 元は羽田孜党だろうが? いつの間にか「立民」の泉健太のヌケサクヅラのポスターが溢れかえる違和感は拭えない

北信の地は、僅か2ヵ月(64日の短命)とはいえ、第80代内閣総理大臣を務めた羽田孜の地盤で、基本的に今も保守的な風土で穏やかな地域だが、羽田が小澤に嗾けられ竹下の袂から去り転々と漂流を繰り返し、結局は癇癪王の小澤と縁を切り、小澤も水面上に頭を出しながら信用できない政治屋として沈むだけだが。


羽田孜は、結果的に行き場をなくし「民進党」に籍を置いた政治家2代目で、その子「羽田雄一郎」も後を継ぎ「民主党」~「民進党」~「立憲民」の政治家として要職を占めながら、コロナ禍が重篤化し還らぬ人となった。
それもあり、ナゼか「立民」の党ポスター(泉健太)がやけに目立つ。
それに最も大きな違和感を受けた。


この地域の人は「羽田党」なのだろう。
イヤもっと言えば「田中派(=竹下派/経世会)」だったのだろう。
それが「羽田孜」が小澤一郎に嗾けられ「自民党」を割って以降は、依る術も無く「太陽党(=羽田党)」なのだろう。
それが「政治姿勢」も「政策綱領」もない、確たる「国家間」を欠いたまま、国会でスキャンダルが出ればカミツキムシがヒステリー満開で、政治や政策と関係がありそうでも、殆どないワケの分からぬ「立民」が「羽田の組織」を受け嗣いでしまった事で、然程の意味もなく「立民」が肩で風を切り幅を利かせてしまっているのだと。


近隣の一角に「東京の植民飛び地」を抱える事もあり、いよいよ複雑だ。
そこには、善後を考えず、どこででも土下座する「大金持ちのルーピーお坊ちゃま」が、時折ながら宇宙から戻り来て「トラストミー」とも言いながら滞在するらしい・・・
北信のヒトの本音を言えば「最低でも " 県外 " へ、ご遠慮を願いたい」とか、静かに無視され。


そしてテロビーエスに懸かる、スギヲヒデェ~ヤ、アホキヲォ~サム、根を張り増すなぁ~!
北信は、チョィとした大きな違和感でした。

|

« 県を超えた小さな協力協業ですが、それぞれの地域が持つ特徴や技術力を交換し活かし「新しいモノやコト」を創造する事は相互の地域を強くします | トップページ | 国連は、ようやく現代的形態の奴隷制担当の小保方智也氏が特別報告を行い「中国の不正を明らかにする」が、当の中国は激しく反発し激しく非難する »