« 国葬の是非ではなく、故人を偲び追悼する考えなどなく、国葬を用い政権打倒に力を注ぎ「反政府・反権力・反日」達成を目指す「確迷勢力」を叩き潰そう | トップページ | 痴情波TVは、衆愚を煽り惹き付け玉川や青木などの「知ったバカぶり」が無責任な煽り吹き続け視聴率を稼ぐが、併せて同時にカネのためならナンでも »

2022/09/28

故・安倍晋三氏の国葬を了え、月明けは臨時国会が開催され、この秋の政治論戦で決戦が始まる確迷勢力を追い込み蹴散らし必ず論理的に叩き潰せ

日本人は、意図を隠すメディアの煽りに弱く、一部は煽りに合わせ右往左往し、それが民主主義だと。大半の日本人は創造性に欠け規定も前例もない事は止めろと催行禁止だと騒ぎ立て。


神田は淡路公園に「革共同・中核派」が公然と姿を現し、それに呼応するかのように国会前で「れいわ珍」の塵議員がヒステリー全開で喧しく、前法政大学総長だった田中優子も、阿呆大学と言われ「中核派」の拠点を提供するだけあり、さすがの狂いぶりを示し余りある様子だった。


業績も定まらぬ対象者を国の追悼は赦さぬと、「確迷勢力」に巧妙な仕掛けで煽られ騒ぎ立てる。
九段公園に設けられた献花台への献花を求める人(3万人~4万人)が靖国通りの歩道を四谷駅から長蛇の列で埋め尽くし、朝から夜まで人が絶えずだったと。


さて日本武道館では、
管義偉氏が、友人代表として贈った「追悼の言葉」に、
大きな尊敬と大きな信頼と大きな友情と、共に歩んだ事への感謝があり、
参列者の涙を誘い、人として感動に打ち震えたとの声が・・・
弔辞は読む人の人物や人柄や何よりも知性や教養力が顕れる。


政治家であるなしに関わらず、人の魂を刺激し心に残る真実の言葉を呼びかける事ができる人こそ真実に大切なので。


自身は、弔旗を掲げ
「心静かに靖らかに・・・」弔意を。
「対米観」については交わる事がありませんでしたが、
それを堂々と議論できた数少ない稀な政治家であった事を思い致しつつ。


引用開始→ 菅氏しんみり、昭恵夫人は涙ぬぐって聞き入る…最後に「歌」紹介すると葬儀会場で異例の拍手
(讀賣新聞 2022/09/28 07:32)

 安倍元首相の国葬(国葬儀)で、友人代表として追悼の辞を述べた自民党の菅前首相は、 朴訥ぼくとつ とした語り口で安倍氏との親交をしんみりと振り返った。

指名献花対象に台湾参列者も、中国「日本は台湾独立分子に政治利用の場を与えるな」

 「いつか首相になる人、ならねばならない人なのだと確信したのであります」

 菅氏は、2000年に安倍氏と親しくなった際の印象をこう語った。

 菅氏が衆院当選2回生だった当時、党の会合で北朝鮮へのコメ支援に反対し、官房副長官だった安倍氏から拉致問題解決への協力を求められたことがきっかけだった。

 12年の党総裁選では、第1次内閣を退陣した負い目から出馬を迷う安倍氏を、菅氏が銀座の焼き鳥屋で3時間にわたって説得した逸話も披露した。安倍氏が出馬を決意したことを「私は菅義偉生涯最大の達成として、いつまでも誇らしく思うだろう」と強調した。

 銃撃事件の起こった当日、「同じ空気を共にしたい」との一心から、現地の奈良県に向かったことにも触れ、会場の昭恵夫人は時折、涙をぬぐいながら聞き入った。

 弔辞の最後には、安倍氏の議員会館の机に読みかけの本が置かれ、明治の元勲・山県有朋が盟友・伊藤博文を銃撃で失った後に詠んだ歌に線が引かれていたことを明かした。

指名献花対象に台湾参列者も、中国「日本は台湾独立分子に政治利用の場を与えるな」
 「この歌ぐらい、私自身の思いをよく詠んだ一首はありません」と語り、「かたりあひて 尽しし人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」との歌で締めくくると、葬儀会場としては異例の拍手に包まれた。←引用終わり

|

« 国葬の是非ではなく、故人を偲び追悼する考えなどなく、国葬を用い政権打倒に力を注ぎ「反政府・反権力・反日」達成を目指す「確迷勢力」を叩き潰そう | トップページ | 痴情波TVは、衆愚を煽り惹き付け玉川や青木などの「知ったバカぶり」が無責任な煽り吹き続け視聴率を稼ぐが、併せて同時にカネのためならナンでも »