« 「神真都Q会」の主宰者は自らの生活を支え、振り込ませたジェニを「くすねる」胡散臭い詐欺師で 嗾けられ駅頭でヒステリーを喚いていたヤツラは消えた | トップページ | 主権国家は周辺国家の環境変化の事態急変に備え国民の生命財産の安全を守る責任と義務がある。実際に国を守るのは国民で売国奴は反対する »

2022/12/06

日本の社会はWWⅡの敗戦後に敷き詰められた「戦後民主主義」が跋扈し、今は国の宗教になり崇め奉り支えるのは「リベ珍」が固める珍人どもだ

「タツケン・タチミン」に象徴される「リベ珍」は、WWⅡの敗戦を機に刷り込まれたいわゆる「(戦後)民主主義」という「全能の神」が社会的支配者として知的(痴適)な市民を形成し「合議制」により君臨するとの思想に充たされている。


彼らの特徴は「(夢想的)理想」を掲げ、それを原理の基本原則に一歩も退かず。
何よりも「問題提起」をするが、それへの解決策は固より、対処のために基本課題として整理する事の検討もない。


いわば「言い放し」で「対案」など勿論なく。
一定の「成案」を示すと、些細で些末な弱点を探し出し「オオゴト」であるかの如く騒ぎ立て感情的な批判を浴びせ、後は反批判を怖れ形勢が悪ければ「穴熊囲い」へ逃げ込み、素知らぬ顔で身を守る。


アートで芸術表現に熱を上げる人達の多くもこの傾向にある。
ある「新劇」出身の嵩高い人物が逝去した事が報じられ、
然したる社会的な仕事もしない(できない)クソ野郎などが、惜しい惜しい悲しい悲しいと・・・


「新劇」の劇団に集った人物は、その多くが無責任の言い放しの「リベ珍(教)」だ。


社会は巧妙に忌避してきたが、「痴情波メディア(TV)」が普及し、クソ野郎でもゼニ儲けで、其奴らを起用しドラマ番組を仕立て上げ放映し、巧妙に「リベ珍(教)」を刷り込みゼニを掻っ払ってきた。


「新劇」では喰えないので「痴情波メディア(TV)」だ。


汚バカには分からないのだろうが、件のクソ野郎は「夢想の理想」という「リベ珍(教)」を普及刷り込みを図るための工作員として居たのだろう・・・
仕事の空きは高級車に乗り「ゴルフ三昧」に浸りきっていた野郎だ。


それが、口先で「下層」の厳しさ「底辺」の苦しさを、口先で述べたて、メディアを使い正義の味方を臭い演技で演じ笑わすのは「ヘソ茶」でしかない。
騙されるヤツが悪い。


WWⅡを経ての戦後民主主義は、思わぬ処で息をし口を開け待ち構え、批判の虫としての本領発揮で「批判」し具体的な「対案」を保たず、解決策には具体的な「案」もなく批判を重ねながら転がっているのだ。
思わぬ「落とし穴」に落ちないように気をつけよう!


人生の落伍家でもある「づるべ」を嗤っているが、
コヤツはテメェ~勝手な「リベ珍」で巧妙な夢想を撒き散らす怒汚い政治批判者でもある。
釣り上げられる汚男も汚女もヤロウドモで、全体を考えない「珍興宗教づるべ教」の怒阿呆でバカ信者ドモだ。


仕事のできないクソ野郎ドモは、巧妙に行政組織を動かし、自ら「リベ珍(教)」の落とし穴を「穴熊囲い」にするから厄介だ。

|

« 「神真都Q会」の主宰者は自らの生活を支え、振り込ませたジェニを「くすねる」胡散臭い詐欺師で 嗾けられ駅頭でヒステリーを喚いていたヤツラは消えた | トップページ | 主権国家は周辺国家の環境変化の事態急変に備え国民の生命財産の安全を守る責任と義務がある。実際に国を守るのは国民で売国奴は反対する »