« 日本がプロサッカー「Jリーグ」を組織して30年! 艱難辛苦を乗り越えワールドカップで強豪2チームを破り決勝トーナメント(ベスト⒗)へ進出し | トップページ | 「神真都Q会」の主宰者は自らの生活を支え、振り込ませたジェニを「くすねる」胡散臭い詐欺師で 嗾けられ駅頭でヒステリーを喚いていたヤツラは消えた »

2022/12/04

一日も早く連立の組み直しを実行すべきでタカリ政党の「ぶら下がり不健康」は邪魔だし、媚中塔など要らぬので不要な塵屑は叩き出してしまえ

この「自・公+国」連立(案)は、
誰かが「潰す」目的で、意図的に、こっそりとリークしたのだろう。


成立すると具合が悪くなる側の茶坊主が、世間の評価を見ようと、
重大な意図を持ち「観測気球」を上げたモノと思われるが・・・


得てして狙いどおり「アイデア(フラッシュ)」の段階で煮詰まらず漏れた事により頓挫させられるだろう。


永田町倶楽部は、今もなお「私利私欲」「党利党略」で覇権を巡り、握り続けたい者の謀略が、アイデアそのものを潰してしまいますねェ。


引用開始→ 自民、国民と連立検討 局面転換狙う、玉木氏入閣案―公明反発も、実現不透明
(時事通信 2022年12月03日07時21分)

 自民党が、公明党との連立政権に国民民主党を加える案を検討していることが2日、分かった。自民、国民両党の幹部が水面下で接触を続けており、調整が付けば連立協議に入る。岸田政権は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題などで内閣支持率が低迷しており、国民の連立参加で政権運営の局面転換を図る狙いがある。

 複数の自民党関係者によると、国民の玉木雄一郎代表(53)=衆院香川2区、当選5回=が年明けにも入閣する案が浮上している。ただ、連立を組む公明党は「わが党にメリットはない」(重鎮)と反発。国民内にも異論が強く、同党を支援する連合の理解も得られるかは見通せない。3党連立が実現するかは不透明だ。

 自民党関係者によると、国民側との交渉は岸田文雄首相(党総裁)と麻生太郎副総裁も了承している。この関係者は「あとはタイミングだ。今の政権はこれぐらいのカンフル剤を打たないと良くならない」と述べた。連立に国民を加えることで、自民が公明に配慮する場面が少なくなるとの見方も、自民内にはある。

 自民、国民両党は臨時国会の閉幕を受けて調整を加速させたい意向。玉木氏が入閣する場合は、来年1月の通常国会召集前に内閣改造が行われる可能性がある。

 国民は今年の通常国会で2022年度予算と第1次補正予算に賛成したのに続き、今国会でも第2次補正予算に賛成。自民、公明、国民3党はこれまで、ガソリン税を一時的に下げる「トリガー条項」凍結解除などを巡り、実務者間で個別政策の協議を続けてきた。

 現在の国民民主党は、旧国民民主党が旧立憲民主党と合流する際、玉木氏ら合流に参加しない議員により20年9月に結党。衆院議員10人、参院議員10人が所属する。←引用終わり

何処まで行っても不健康なタカリぶら下がり党でしかない " ソォカガッカリィ " のカネ集め手段でしかない「ゴォメン塔」は下駄の雪でしかない。
蹴っても蹴っても、取れず離れず「政党助成金」ならぬ「公金をバラ撒かせ」働かずして喰わすと言い、実は裏で " ソォカガッカリィ " が親方として現れガッポリ身延山の「貸借寺」へ巻き上げ上納献金させるために存立しているタカリ党だ。
死んでも死に切らせず、死に恥を曝しても迷余怪鳥だと奉り上げる「不作」を担ぎ上げ・・・


引用開始→ 局面転換?「自公国の連立」構想で広まる憶測、時事通信が報道 岸田首相や玉木代表は全面否定も…「『協力関係を模索できる野党』の位置づけ」伊藤達美氏
(夕刊フジ 2022.12/3 15:00)

自民党が、公明党との連立政権に国民民主党を加える案を検討していると、時事通信が2日、報じた。自民、国民両党の幹部が水面下で接触を続けており、国民民主党の玉木雄一郎代表を年明けにも入閣させる案を…という内容だ。閣僚の相次ぐ更迭などで苦境に立つ岸田文雄政権には局面転換の秘策に感じる。関係者は全否定しているが、永田町で憶測を呼んでいる。

「どこからそのような情報が出たかは知らないが、私自身、まったく知らないし、考えてはいない」

岸田首相は2日夜、官邸で記者団に、連立構想をこう否定した。

玉木氏も同日、都内で記者団に「大変驚いている。そのような事実はない」と否定した。

だが、時事通信は3日朝、改めて「自民、国民と連立検討 局面転換狙う、玉木氏入閣案―公明反発も、実現不透明」という記事をサイトに上げた。記事には、「自民党関係者によると、国民側との交渉は岸田首相(党総裁)と麻生太郎副総裁も了承している」ともあるのだ。

永田町では過去、連立構想が何度も取り沙汰されてきた。当然、水面下で交渉され、「自社さ連立政権」「自自連立政権」「自自公連立政権」「自公連立政権」などが実現している。

今回、水面下の調整段階で発覚した可能性もある。現実味はあるのか。

ある自民党議員は「岸田首相は閣僚の辞任ドミノ、内閣支持率の低迷に直面している。党内情勢や、連立を組む公明党との関係から、解散や内閣改造に打って出ることも容易ではない。友好的な野党を取り込んで局面転換を図る連立構想が浮上しても不思議ではない」と語る。

最大野党の立憲民主党は、閣僚不祥事や疑惑を追及する「対峙(たいじ)・批判路線」を鮮明にしているが、国民民主党は今年度の一連の予算では採決に賛成し、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題を念頭にした被害者救済法案にも、賛同する方向だ。

玉木氏は連立構想は否定しているが、「政策本位で、選挙公約で国民に約束した政策の実現のためには与野党を超えて連携・協力する。今は野党の立場なので是々非々でやっていく」と語っている。

今回の騒動をどう見るのか。

政治評論家の伊藤達美氏は「国民民主党は勢力が小さく地味だが、優秀な人材もいる。岸田政権からすれば、『協力関係を模索できる野党』という位置づけになるのだろう」と語った。←引用終わり

|

« 日本がプロサッカー「Jリーグ」を組織して30年! 艱難辛苦を乗り越えワールドカップで強豪2チームを破り決勝トーナメント(ベスト⒗)へ進出し | トップページ | 「神真都Q会」の主宰者は自らの生活を支え、振り込ませたジェニを「くすねる」胡散臭い詐欺師で 嗾けられ駅頭でヒステリーを喚いていたヤツラは消えた »