« 17世紀のロシア(ピョートル大帝の)帝国に縋り付き、現実を見ず夢想する汚馬鹿ドモがウクライナの踏み潰しを、1年や3年では簡単には収まらぬ | トップページ | プッチンの夢見は、ピョートル大帝の、スターリンのソ連邦、これらの版図を拡げ「世界に号令」し、ロシアのために世界から収奪し隷属させる理由づけだ »

2023/02/26

臭いクッサイ「下心見え見え」で噴飯物「和平提案/停戦提案」を臭禁屁の中華毒入饅頭珍民低国が打診し、ウクライナと欧米またロシアからも拒否され

中国がウクライナ戦争への「停戦提案」
「臭禁屁」は、ウクライナでの権益喪失を懼れ、
ワンワン印のジャガイモヅラ「王毅」を遣わせ、都合のヨイ臭いクッサイ「和平提案」を仕掛け、
ウクライナは、外交辞令で一応の評価し応じるようにも見せかけながら釘を刺し、何より米国から一笑に付されEUもNATOも冷たく見放す。


どう考えても「ロシア」の時間稼ぎに有利な中身だが、当のプッチンが率いるロシアは明確に拒否する。
強引な欲張りだけを露呈させ隠そうともしない「臭禁屁」はヨイ面の皮だ!


漁夫の利を占めさせる事はナイ!
中国は、当事者でもあり、その手も口も汚れきっている。
警戒が必要なことは、ウクライナには中国との関係で一儲けイヤ大儲けしたゴミがそこいらに転がっている事だ。


引用開始→ 露が中国の譲歩要求拒否 独主力戦車、初のウクライナ引き渡し
(産経新聞 2023/2/25 09:50)

ロシアによるウクライナ侵略の開始から1年となった24日に中国が双方に譲歩を通じた停戦の実現を求める文書を発表したことについて、露外務省は同日、ザハロワ報道官名義の声明を発表した。声明は「ロシアは政治的・外交的手段での軍事作戦の目的達成にオープンだ」としつつ、そのためには米欧諸国によるウクライナへの兵器供与の停止や、ロシアが一方的に併合を宣言したウクライナ4州などの「帰属変更」をウクライナが認めることが前提となると主張した。

いずれもウクライナには容認できない内容で、ロシアは事実上、中国が提案した譲歩に応じず、軍事作戦を続ける方針を示した形。

声明はまた、停戦交渉を妨げているのは、ロシアとの交渉を否定し、露軍の全面撤退など「現実離れ」した要求を掲げているウクライナ側だとも主張した。

双方は現在、戦場で勝利して相手に譲歩を迫る構えで、戦局の大勢が決しない限り、停戦交渉は開始されないとの観測が強い。

一方、ウクライナのシュミハリ首相は24日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国のポーランドからドイツ製主力戦車「レオパルト2」4両が引き渡されたと発表した。米欧が供与を決定した主力戦車の実際の引き渡しは初めて。

ポーランドのモラウィエツキ首相は同日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー大統領と会談。モラウィエツキ氏は今後もさらに多くの戦車を引き渡すとし、「ロシアに勝利するまで支援を続ける」と表明した。

ウクライナは、独製の旧式主力戦車「レオパルト1」を含め、150~300両規模の戦車が米欧から供与されると想定。複数の戦車大隊を編成し、将来的な反攻の原動力とする構想を示している。←引用終わり

|

« 17世紀のロシア(ピョートル大帝の)帝国に縋り付き、現実を見ず夢想する汚馬鹿ドモがウクライナの踏み潰しを、1年や3年では簡単には収まらぬ | トップページ | プッチンの夢見は、ピョートル大帝の、スターリンのソ連邦、これらの版図を拡げ「世界に号令」し、ロシアのために世界から収奪し隷属させる理由づけだ »