« 一つの争点で見解や主張で異なり、その糾明を受け、釈明や訂正に追い込まれると、一気に悪者に仕立て上げられ追い込まれ畳みかけられ足蹴にされ | トップページ | 中国は習近平が君臨しているけれど、人民解放軍の冒険主義や拡張志向を抑えきれず、高価なオモチャを買い与え、それを用い世界を威迫し徴発し »

2023/02/11

政府はカシコアホ~の典型で自画自賛で自己満足の「黒田東彦」日銀総裁の後任に植田和男 (元)政策審議委員の起用を内定!

政府は日銀新総裁人事を内定!
<ロイターが報じた記事を全文引用紹介しておきます>


退き際を識らぬ、官僚総裁黒田東彦の長すぎた日々は、自画自賛のオンパレードでしかなかった。
カシコではあろうが、究極は実務を識らずで世間を知らぬアホカシコでしかなかった。
任期途中でも、政府または国会が解任できる事が望ましい。
無能が弁えず開き直るのはオゾマシイ限りだ!


いきなりの政策変更は難しかろうが、信用を無くしかけている本邦の金融政策を徐々に正常化する事が求められる。


また、民間へは「生産性」の向上を促し「生産力」の強化を図れと号令する金融政策に取り組むべきと思量する。
それへのインセンティブを、政府と日銀は協調し協力し力強い「カネのバラ撒き」ではない政策の推進に取り組むべきと考える。


結構、傷は深いですよ・・・


引用開始→ 日銀新総裁に植田元審議委員、副総裁に内田・氷見野両氏を起用へ=政府筋
(Reuters 2023年2月10日5:49 By Reuters Staff)

[東京 10日 ロイター] - 政府は10日、日銀新総裁に経済学者で元日銀審議委員の植田和男氏を起用する方針を固めた。14日に人事案を国会に提示し、衆参両院の同意を得て内閣が正式に任命する。政府筋3人が明らかにした。

新総裁の任期は5年で、4月8日に任期満了となる黒田東彦総裁の後任となる。
総裁ポストには旧大蔵省を含め財務省と日銀出身者の「たすき掛け」が続いてきたが、両母体以外からの総裁就任は最近では珍しい。民間からの起用は1964年から69年まで総裁を務めた宇佐美洵(まこと)氏以来となる。

複数の関係者によると、副総裁には内田真一理事と氷見野良三前金融庁長官を起用する方針。日本経済新聞によると、政府は、黒田氏の後任総裁として雨宮正佳副総裁に当初打診したが、同氏は辞退した。

後任候補の選定に先立ち、自民党の高木毅国対委員長は、立憲民主党の安住淳国対委員長との会談で、14日の衆院議院運営委員会理事会に国会同意人事案を提示すると伝えた。提示後に正副総裁候補の所信を聴取し、近く内閣が任命する段取りを描く。

日銀総裁人事を巡る報道を受け、長期金利の指標10年債利回りは日銀が上限とする0.5%に上昇した。長期金利が0.5%台となるのは1月18日以来、約3週間ぶり。

植田氏は10日、政府から総裁候補の打診があったかどうかは「ノーコメント」と断ったうえで、現在の金融政策運営について「適切であると考えている」と都内で記者団に語った。現状では「金融緩和の継続が必要」との考えも併せて述べた。
一方、岸田文雄首相は日銀正副総裁の人事について「14日の国会への提示に向けて今、調整中だ」と述べるにとどめた。

<ゼロ金利解除に反対>
植田氏は1998年から2005年に日銀審議委員を務めた。2000年8月の金融政策決定会合では「デフレ懸念の払しょくが展望できる」として99年2月から続けたゼロ金利政策解除に、中原伸之委員(当時)とともに反対の立場を表明していた。
日銀議事要旨によると、速水優総裁(同)ら7人がゼロ金利解除に賛成したが、植田、中原両委員は採決で反対票を投じた。

2002年には日銀による株保有を巡って「中央銀行は株を買うということが絶対ありえないことではない」と発言。株価が経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)に沿った水準から乖離していれば「考慮しても良い」と理解を示した。

元日銀幹部からは「ロジカルに考える方で適任。極端な正常化に動くことはないだろう」との見方が出ている。
一方で「現在の債券市場における副作用について放置することも考えにくく、穏当な方法で徐々に政策を正常化していくのではないか」と元幹部は指摘している。

日銀新総裁を巡って首相は8日の衆院予算委員会で「主要国の中央銀行トップとの緊密な連携、内外の市場関係者への質の高い発信力と受信力が格段に重要になってきている」としていた。
(杉山健太郎、竹本能文、和田崇彦、木原麗花、山口貴也 編集:橋本浩)←引用終わり

如何に無知と罵られようが、
現在の日銀主導の国債買入による金融政策は、
自由な民間資金の市場を圧迫し、ほぼ、手詰まりなのですよ。


高橋洋一が、如何にエッラそうなクチを叩こうとも、
本来が自由な金融市場は、日銀に圧力をかけますからね。
日本の金融市場にある資金は、国内にあろうが海外にあろうが、日本の資金も海外ね資金も区別なく、生産力を求め自由に移動しますからね。


まぁ、この数値 ↓ を見て聞いて、
異常だと考えない思考能力ってオカシイだろ。
GDPの2倍を越えているのだし、正味国富の35%に達し、
それを棄ててもヨイと考えているのか?国の信用を考えよ!
本当に、その状況になればヒステリックに大騒ぎし、内閣打倒だと言い始めるのだろうが!?


引用開始→ 普通国債残高、1000兆円超え 過去最大更新―22年末
(時事通信 2023年02月10日18時05分)

 財務省は10日、普通国債の発行残高が2022年末時点で1005兆7772億円になったと発表した。昨年9月末比11兆9807億円増加し、過去最大を更新した。1000兆円の大台を超えるのは初めてで、財政悪化が一段と進んだ。

 普通国債は、建設国債、赤字国債、復興債、借換債の総称。普通国債に借入金や政府短期証券などを合わせた「国の借金」残高は5兆6196億円増の1256兆9992億円となった。←引用終わり

|

« 一つの争点で見解や主張で異なり、その糾明を受け、釈明や訂正に追い込まれると、一気に悪者に仕立て上げられ追い込まれ畳みかけられ足蹴にされ | トップページ | 中国は習近平が君臨しているけれど、人民解放軍の冒険主義や拡張志向を抑えきれず、高価なオモチャを買い与え、それを用い世界を威迫し徴発し »