« 新型H3ロケット打ち上げ失敗! 補助エンジンに点火する0・4秒前に中止した! JAXAは3月10日に再び挑戦すると・・・ | トップページ | アホシンドは2013年からアベノミクスを唱え盛大に10年間カネを撒き続けたものの全く効果などなく生産力や経済体力を低下させただけのアホだった »

2023/02/19

盲腸叛徒禹はゴミが北と南に分かれ相争い、周辺に扶けを求め喝上げするのがキャツラの歴史だ!ヤタケタは金頓豚を奉り上げ火星17を撃ち放つ

ヤタケタの北朝鮮!


金豚珍を奉り上げる珍民群は、
生き抜く術の全てを賭けヒステリーを大爆発させ、
" 米国とは「休戦協定中」だが、コッチを見ろ! もっと「カマッテくれ」と "
" 無視し続けると「ICBM」を撃ち込むぞ!" と、馬鹿吏に大いに威嚇し、袖を惹こうと必死というか死に物狂いのヒステリーを・・・


迷惑なのは、EEZ内の水域へ、ロフテッド角度で「ICBM」のオモチャ(火星17)を、渡島大島の200キロ先へ撃ち込まれた日本というか・・・
お決まりの「国民の安全を第一に」との中身のない空虚な言葉を発すばかり。
次に「外務省は北京の外交ルートを通じ、北朝鮮に厳重な抗議を行った」とは約束事のお笑い漫談か?
それらに乗じ、従来は「軍事の前に外交で」と言って恥じない汚馬鹿ドモは、沈黙するやら、喧しく騒ぎ立てるやら、ワケが分からん・・・


まぁ、北朝鮮が日本の抗議を聞いたとすれば、
「少し、打ち上げ角度に齟齬があったのか、もう少し西へ着水するハズだったと思われる」
「まぁ、そうカリカリしない事を希望する」程度の事で一蹴するだろう。


とは言うモノの、
この度の「火星17号」という花火のオモチャは、1万4000キロの距離を飛ばせるようで、米国の全領域が射程に入るということらしい。
次は、これに搭載する「核爆弾」の実証実験を、この夏頃までには行うのだろう。


それを小型化し「火星17」に搭載できるように軽量化しなければならないワケだが、現段階までの経緯を考えると「秒読み」にあるのではないか。
早い事、ウクライナでロシアを解体し、ヤタケタの北朝鮮を踏み潰し、金頓豚を担ぎ奉り上げる一派を悉く抹殺する事が解決への途で答だろう。
日本も、肚を決め本格的な対応が要りますよ・・・


引用開始→ 北朝鮮ICBMは「不意の奇襲発射訓練」、金正恩氏が抜き打ち命令
(讀賣新聞 2023/02/19 08:16)

 【ソウル=上杉洋司】朝鮮中央通信は19日、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の抜き打ちの発射訓練を18日午後に行ったと報じた。 平壌ピョンヤン 北部・ 順安スナン の飛行場からICBM「火星15」を高角度で発射し、最高高度が約5768・5キロ・メートル、飛距離が約989キロ・メートルだったとしている。66分55秒を飛行し、日本海公海上の「目標水域を正確に打撃した」と伝えている。

 発射訓練は事前の計画なしに実施され、ミサイル総局が担当。18日未明にICBM運用部隊の中隊に待機指示が下され、同午前8時に朝鮮労働党中央軍事委員会委員長である 金正恩キムジョンウン 党総書記が命令を出した。「不意の奇襲発射訓練を通じて、国家核抑止力の信頼性、効果性などを立証した」としている。中隊の名称は「第1赤旗英雄中隊」で、昨年11月18日にICBM「火星17」を発射した「最も優秀な戦闘力」を持つ部隊だと主張した。

 党中央軍事委員会は、朝鮮半島の軍事的環境に備え、戦略的任務が課された全ミサイル部隊に「強化された戦闘態勢を徹底的に維持するよう指示した」という。

 朝鮮中央通信は、現在の情勢が「米国と韓国の軍事的脅威が看過できないほど深刻化している」とし、今回の訓練により、「致命的な核反撃能力を構築する我が国の戦略核武力を実証した」と強調した。←引用終わり

|

« 新型H3ロケット打ち上げ失敗! 補助エンジンに点火する0・4秒前に中止した! JAXAは3月10日に再び挑戦すると・・・ | トップページ | アホシンドは2013年からアベノミクスを唱え盛大に10年間カネを撒き続けたものの全く効果などなく生産力や経済体力を低下させただけのアホだった »