« 根本の基本政策が一致せずの売中のクソと「連立与党」を組みカネとゼニを撒かされ打ち枯れようとするが切っても切れない下駄の雪では悲しい事だ | トップページ | 第8師団長らが領域視察で搭乗の陸自ヘリ「UH60JA」が6日午後、沖縄県宮古島基地を飛び立ち10分後に伊良部島沖海域で神隠しか消息不明に »

2023/04/08

アホシンドは結局「何もせず、政策実現はヤルヤル詐欺で、国のカネを喰い荒し」自らの人気を得るためカネを撒くも「経済成長」には寄与せず効果ナシ

日銀総裁の「黒田東彦」は、財務省の怒官僚から「アジア開発銀行(総裁)」として天下りし、その際も無能ぶりを発揮したが、この10年はアホシンドに尻を搔かれ、日銀の総裁として無能が無原則な無責任ぶりを徹底して発揮したが実質は7日までが任期だ。


10年をかけ「国のカネ」という「国民の資産」を巧妙に喰らい続けた「クロアリ」ドモは、その美味さからもっと喰い続けようとアノ手コノ手で画策し、底辺に彷徨う低辺の低脳の無知蒙昧ドモへ刷り込み唆し煽り続け騒ぎ立て、真に煩く喧しい事だ・・・


日本の政治を喰い千切るのは、如何にも愛国者を装う「クロアリ」ども。
日本の国を喰い千切り売り渡そうとする「アカアリ」ども。
日本の基盤を喰い荒らし喰い千切るだけで実は役立たずの穀潰し「シロアリ」どもの壮絶バトルだ。

Photo_20230408021101

派手に国債を増発し、その殆どを日銀が引き受け、その額は凡そ590兆円に上る。
1年間のGDPを超える金額で、他に金融市場には500兆円を超える国債が積み上がっている。
合計1100兆円で1年間のGDP(現在時点)の2倍を超える金額だ。
その利払いと償還を110兆円の国家予算で22%(25兆円)を当て込み、いわばサラ金で借りた金を回し続ける綱渡りをしている。


国の収入は、税金(所得税、法人税、消費税、手数料など)で、国民の生産活動による「利益」です。
これが必要とする金額全体の半分程度なのです。


如何に背伸びし無理をしているかが分かります、
稼ぎと同じ程度のカネを「サラ金」で借りているワケです。


利息を抑えたいために、低金利誘導を強いています。そのため、日本国民の多くが働いても働かなくても同じだと考え活力を失ってしまい、全体の生産力を急低下させ、自らの手で稼いでいた分野を海外移転させた事で、本来は得るべき収入すら棄てたのです。
収入の手段を喪い、仕方なく喰うために低賃金の「非正規派遣労働」を受け容れ、更に苦しくしてしまう結果になっています。


様々な規範や規律を元に戻すには、既にボディーが肥大化しているため「20年以上の努力と取組み」を要するだろう。
その間は、重苦しい閉塞感の空気に包まれより停滞を余儀なくされるだろう。

Photo_20230408183101
(グラフは、時事通信の作成です)

2021年以降の物価上昇は、
コロナ禍による、サプライチェーン網が毀損され供給不足が深刻化した事で、生産製造段階の価格が急上昇した結果で、2022年には少し下落傾向を見せるが、ロシアのウクライナへの侵攻侵略によるエネルギー価格の急騰を受け、あらゆる分野ので価格が上昇に転じるが、数値データとしては約1年後に統計数値で現れる。


日本は、基本的な生産力を急激に低下させており、国際金融市場は、それを見逃さず「円安」を定着させ貿易収支を悪化させる傾向を強める。

株価は、現在時点で「円安」で換金受領する金額が増えると好感し2万円台後半を維持しているが、エネルギー価格の上昇で急激な貿易赤字に陥り連続するため、悪循環を断ち切れぬ事を背景に停滞から低下を窺う展開(つまり正しく労働評価を得られない状況)に備える必要がある。


無責任の政策を得手に帆を上げと積極的に推進した黒田東彦の罪は拭っても拭いきれないのだが。
それを強制し続け「ゼニカネを撒いて」も、見合う「成長戦略」の必要性を理解せず示す事なく、国家の財の喰らい続けを指示し続けた究極の無能アホシンド。


WWⅡの敗戦後、
無責任は「戦時国債」の償還目的にした、極め付けの「財産税」を課され、更に「農地改革」で殆どの財産を国家に盗み獲られた側としては、原則のない無秩序な「国債」大量発行による「経済刺激」政策と「経済成長」を欠き、結果的に何もせず赤字を垂れ流すだけに終わる点を一貫して批判し続けてきたが、いま本当に避けられない限界が迫っている。


この先頭に立った自民党は、公明党と共に、責任を明らかにしその責任を問われなければならない。
また、同時に具体的なアンチの政策を保持せず、一緒に「蜜の味」に群がった野党も厳しく責任を問われるべきと思量している。


結局は、1100兆円もの借金を残し国力を低下させ生産力を落としただけだった。
目覚めよアホシンド亡者ドモ!

|

« 根本の基本政策が一致せずの売中のクソと「連立与党」を組みカネとゼニを撒かされ打ち枯れようとするが切っても切れない下駄の雪では悲しい事だ | トップページ | 第8師団長らが領域視察で搭乗の陸自ヘリ「UH60JA」が6日午後、沖縄県宮古島基地を飛び立ち10分後に伊良部島沖海域で神隠しか消息不明に »