« 日本でも首都圏直下の埼玉・川口市/蕨市では政治難民を主張するクルド人が独自のゲットーに「クルド・サイタマ共和国」を構築し暴動も勝手放題とか | トップページ | 2025大阪・関西万博に出展する海外パビリオンは1件も建築確認申請がなく、経済環境激変で、早いハナシが土木建設内装展示が間に合わない事に »

2023/07/14

ロシアの政権を左右する軍事暴力団の頭目は「禿げチャンピオン」を自慢し競い合い! 砂上の楼閣プーチンの政権を支え喰い合い、日本の戦国時代だ

スロビキンというハルマゲドン大将を、
ワルのブリゴジンがクーデターを興したと同時に、
ロシアの治安機関は軍の極悪者を拘束していたと報じている。


クーデターを抑えた後、釈放したと伝え報じてもいるが、
ロシアのニュース報道や漏れ聞こえる情報は何が真実で何が虚偽か知れず。


しかし明らかな事は、
プーチンは様々な勢力を「利益」で釣り上げ、辛うじて纏め政治権力を握っているのだろう。


これは、日本では戦国末期と同じ状況で、
強権の信長が配下を競わせ国権の頂点を極めたものの、
光秀に倒され、その光秀は秀吉に倒され、秀吉は辛うじて権力の均衡を保つ。


しかし、内政外交で強権を示しても、それは砂上の楼閣に過ぎず。


プーチンを眺め見ると、信長と秀吉を足した脆弱な一面を見るような。


引用開始→ ワグネルの反乱開始から数時間、露治安機関がスロビキン上級大将ら軍高官10人超拘束か
(讀賣新聞 2023/07/13 20:24)

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは13日、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」の創設者エフゲニー・プリゴジン氏が6月下旬に露国内で反乱を始めてから数時間のうちに、治安機関が反乱の拡大阻止のため軍高官ら10人超を拘束したと報じた。プーチン政権は露軍内部の反乱協力者に関する情報を公表していないが、粛清が水面下で進んでいる可能性がある。

 同紙は複数の関係者の話として、一時的な拘束を含めると少なくとも軍高官13人が拘束され、15人が職務停止や解任となったと伝えた。拘束された13人には、ウクライナ侵略の露軍副司令官セルゲイ・スロビキン上級大将や軍の情報機関「参謀本部情報総局」(GRU)副局長も含まれるという。露下院国防委員長(元国防次官)は12日、スロビキン氏について「休養中だ。連絡が取れない」と地元メディアに述べた。

 一方、露国防省は12日、ワグネルから戦闘車両をはじめ2000以上の兵器・装備や弾薬2500トンの引き渡しを受け、「武装解除」が事実上完了したと発表した。ただ、露軍内部では、プリゴジン氏が敵視していたセルゲイ・ショイグ国防相やワレリー・ゲラシモフ参謀総長への不満が噴出している。

 ウクライナ南部ザポリージャ州の露軍占領地域で防衛作戦を指揮する軍司令官を解任された少将は、露メディアが12日に報じた音声メッセージで、砲弾不足などで配下の部隊の犠牲者が増えている窮状を訴えたことが解任理由になったと明らかにした。軍指導部の裏切りが、部下の犠牲につながったと非難した。←引用終わり

|

« 日本でも首都圏直下の埼玉・川口市/蕨市では政治難民を主張するクルド人が独自のゲットーに「クルド・サイタマ共和国」を構築し暴動も勝手放題とか | トップページ | 2025大阪・関西万博に出展する海外パビリオンは1件も建築確認申請がなく、経済環境激変で、早いハナシが土木建設内装展示が間に合わない事に »