« プッチンが率いるロシア経済の破綻を指摘し推量と分析を述べるのは希望的願望だろう「ロシア」も「中国」も「日本」も同様に正確な財政実態は不明だ | トップページ | 半世紀前は、民法上の不法行為が「慣習的な協力」だと「税法上」も容認されない「優越的地位」による「不法行為」や「脱法行為」が堂々とまかり通り »

2023/08/28

社会に背を向けた落ち零れは、楽に生きようと生業を求めるが、先に落ち零れた社会に背を向ける悪に体よく喰われ「犯罪」に手を染めるワケである

先般
「少年院の収容者への聞き取り調査で " 闇バイト " の経験がある」と答えた少年が20%だったとの集計が示され。


その理由の第一が、
その日に予定していた「仕事」を一方的にキャンセルされ、戸惑った時に発見したのが「闇バイト」だったと。
その日の収入を得ようと「闇バイト」に応募した。


応募した時に、詳細な「個人情報」を取られ、運転免許証の写真を撮り送信させられたという。
そしてマウントを取られ「主従隷属」の関係が始まる。


結局、その日の「収入」はなく、やがて次々に「受け子」としての指示がくる。
一番は、○○へ行き「カードを受け取り」次にATMで「現金を引き出し」その後は指示されたトイレへ入り、指示に従い「トイレのドア下から(現金)の入った封筒を出す」ように命じられ。
その指示や命令のとおりにしたが、結局は「闇バイト」で利用されたが、カネを得る事はできなかった。


そして挙げ句の果てに「受け子」として突き止められ警察に捕まった。
と、紹介されたとか。
喰いものにされただけなのだが、実際に深刻な話だと考える。


これを評する学識経験者が言うには、
「闇バイト」に落ちない「社会的救済措置/政策」が必要だと・・・


それもそうだけれど・・・
果たして、そうだろうか!?
その種の社会を救うとの単細胞的な単純思考が「悪質犯罪」を招く陥穽の元じゃないの?


都市または都市化した国は、
農水の現場に就くか、廃棄物の組織的回収事業の現場に就くかなど、限定されても「生産手段」を選ぶ限り生業労働はない。


都市域に蝟集する者は、基本的に大半は「無産階級」であり、職を失うと生計は立たず。
基本は、都市域での「生業」を得るには「それぞれのポジション」を得るための「スキル」を保たない限り無理だ。


その「スキル」は、最も基本の基礎学力にあり、社会の枠組みから落ち零れない努力も必要不可欠です。
それに背を向けると、全く難しいワケで。


例えば、高給の「鳶」は人手不足で引く手は数多でも「度胸とスキル」が不可欠で。それもなければ難しいかと。
難しい事ですね!


救済の政策や施策は「無駄の象徴」でバラ撒きでしたから。
それは1970年代~30年間にわたりバラ撒き続けましたが、
荊ネズミに喰われ続け何の解決にもならなかったので・・・


それで得たスキルもあるかと!?
しかしながら、そのスキルというか磨いたのが「パチスロ」だったりしましてね!?


結局、楽して生きようとする落ち零れは、更に先行の落ち零れに喰われる構造は変わらずですからね。

|

« プッチンが率いるロシア経済の破綻を指摘し推量と分析を述べるのは希望的願望だろう「ロシア」も「中国」も「日本」も同様に正確な財政実態は不明だ | トップページ | 半世紀前は、民法上の不法行為が「慣習的な協力」だと「税法上」も容認されない「優越的地位」による「不法行為」や「脱法行為」が堂々とまかり通り »