« 社会を支え発展させるのは高度人財と生産に従事する高質な労働力だ! その社会全体の生産性が高ければその国は比較優位を形成する事ができる | トップページ | プッチンが率いるロシア経済の破綻を指摘し推量と分析を述べるのは希望的願望だろう「ロシア」も「中国」も「日本」も同様に正確な財政実態は不明だ »

2023/08/26

中国よ、オマィの国はトリチウムも何もかも処理せず垂れ流しほお被りか? 怒汚いコトよのぉ~!? まぁクッサイ臭い衆議院を担いでの事だからナ

「中国」のイヤミは、織り込み済みの事だ!
「中国」には売るな、売ってやらぬの姿勢を貫け。 全漁連も、農水省も、何もせず「タナボタ」の継続を主張し「損得」を声高に。
ここまで全国団体が主張するのは「ゼニ寄越せ!」でしかない。

 

 

中国の狙いと基本戦略は、中国では手に入らない絶対価値の高い「日本の水産物」を吊し上げる事で、いま、中国が抱え込まされている「経済的四面楚歌」を打破する交換条件にしようとしているのが明白だ。

 

 

だから「IAEA」の報告書や見解など、どうでもヨイのだ。 とりわけ「半導体」包囲網を破壊させ崩壊させる目的を持つ事は明きらかだ。「日本」の市場と技術がなければ生き抜けないのが「中国」だ!

 

 

しかし、殊勝な姿勢で下手に出る事はせず、あくまでも上か目線で一方的なあのだ。それは、国内政治で弱い点を見せず、目の上の「たん瘤」の日本へ強気な態度を見せたがるのだ。

 

 

在北京日本国大使館の大使が、珍しく厳しく激しく主張した事を報じた記事も引用しておきます。併せてお読み下さい。

 

 

 

 

引用開始→ 中国が水産物輸入停止、日本もやり返せ! 処理水放出、科学的根拠ない「反日カード」に対抗「農薬過剰な農産物禁輸」 (夕刊フジ 2023.8/25 11:51)
7 中国が日本の水産物輸入を全面停止したことに、疑問や怒りの声が噴出している。東京電力福島第1原発処理水の海洋放出に反発したものだが、日本の放出計画は国際原子力機関(IAEA)も「国際的な安全基準に合致する」と評価している。そもそも、中国の原発施設も大量の放射性物質トリチウムを放出している。科学的根拠もなく理不尽な「反日カード」を切ってくるなら、日本も対抗措置に踏み切るべきではないのか。

 

「外交ルートで中国側に即時撤廃を求める申し入れを行った。海洋放出の影響について、科学的根拠に基づいて専門家同士がしっかりと議論を行っていくよう、中国政府に強く働きかけていく」

 

岸田文雄首相は24日夜、中国による日本の水産物輸入の全面停止を受け、首相官邸で記者団にこう語った。冷静に振る舞っていたが、もっと怒りを見せるべきではないか。

 

中国は水産物だけでなく、日本の食品や農産品の放射性物質汚染のリスクを注視しているとし、日本から輸入する食品への監視を強化する措置も取ってきた。中国に便乗するような一部メディアもあるが、科学が風評に負けるのは国辱であり、風評被害が拡大するだけだ。

 

第1原発が放出するトリチウムの濃度は、国の規制基準の40分の1、世界保健機関(WHO)の飲料水基準の7分の1に希釈する。今年度放出する総量は年間22兆ベクレル未満で、中国・秦山第3原発の約143兆ベクレル(2020年)、韓国・月城原発の約71兆ベクレル(21年)と比べると極めて少ない。

 

中国にどう対応すべきか。

 

評論家の石平氏は「中国産農産物の輸入を禁止すべきだ。これは日本国民の『命』を守る好機である。中国の耕地や水は農薬の過剰使用で汚染が深刻だ。中国国内で買った野菜は最低でも数時間、水に漬けるのが常識。そんな農産物を輸入することこそ大問題だった。禁輸は物価高騰を招くとの指摘もあるが、台湾や東南アジアなど、日本に友好的な輸入元はある。中国の嫌がらせを逆手に取り、食の安全を確保できる機会だ」と語った。

 

中国としては、日本国内を「処理水放出反対」で混乱させて、日米韓など自由主義国の連携を分断したい狙いもありそうだ。

 

福井県立大学の島田洋一名誉教授は「日本は今年、G7(先進7カ国)議長国であり、中国の暴挙を国際社会で指弾し、具体的対応を呼びかける責務がある」といい、続けた。

 

「中国側が〝痛み〟を感じないと問題は解決しない。半導体をはじめとするハイテク分野などの対中輸出制限など、相応の禁輸措置などの対抗措置は必須だ。そのうえで、各国と連携して中国に対抗措置を取るよう主導していくべきだ。中国の念頭には、台湾問題を含めた自由主義諸国とのパワーバランスがある。日本の対応で、安全保障に対する『決意』も値踏みされるだろう」←引用終わり

 

 

(ヘイコラと腰砕けになってはイケナイのだ! ガツンと一発だ!)

 

 

日本國の対中外交は、これまで一貫して「中国ヨイショ」だったが、上から目線の横柄な態度でイチャモンづけを繰り返し、無責任な侮辱を続けるなら、ガツンと主張し国際的に一層「孤立」させるぞ!と・・・

 

 

 

 

引用開始→ 垂秀夫駐中国大使、処理水イチャモンの中国一蹴 「核汚染水」表現の変更も求める チャイナスクールに珍しい物言う外交官 (夕刊フジ 2023.8/23 11:53)

 

岸田文雄政権は22日、東京電力福島第1原発の処理水をめぐる関係閣僚会議を開き、海洋放出を24日に開始する方針を決定した。岸田首相は「国が全責任を持つ」といい、風評被害対策や漁業者支援に全力を挙げる姿勢を強調した。これに対し、中国の習近平政権や、韓国と日本の一部左派野党は処理水を「汚染水」と呼び、結果的に風評被害を拡散させている。こうしたなか、中国政府に呼び出された日本の垂秀夫(たるみ・ひでお)駐中国大使は、中国の抗議に毅然(きぜん)と反論し、「核汚染水」という表現の変更まで求めた。識者は、「中国が警戒する男」といわれる垂氏の姿勢を評価し、岸田政権全体の覚悟と行動を求めた。

 

東電は22日、政府の決定を受けて処理水の海洋放出に向けた準備作業を始めた。まず、放出予定の処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度を測定し、国の基準値を下回っているかを確認する。結果に問題がなく、天候や海の状況が穏やかならば、政府が決定した24日に海への放出を始める。最初に放出予定の約7800トンは、約17日かけて放出する。

 

福島第1から2023年度に計画する処理水の海洋放出量は約3万1200トンで、トリチウムの総量は年間上限とする22兆ベクレルの4分の1以下となる約5兆ベクレルとした。保管タンク約10基分を減らすことができるという。

 

トリチウムの濃度は、国の規制基準の40分の1、世界保健機関(WHO)の飲料水基準の7分の1に希釈する。

 

放出計画に関わった省庁幹部は「処理水のレベルに問題がないかの検証や、トンネルを通した沖合への放出システムなど、時間をかけて方策を練り、高度な安全性を担保できる形を提示した。実行後もモニタリングを継続していく。官邸には、地元住民や、諸外国への丁寧な説明を重ね、しっかりと信頼を得てほしい。結果として、そうした積み重ねが、いわれのない『批判』を防ぐことにもなる」と語った。

 

国際原子力機関(IAEA)も「国際的な安全基準に合致する」と評価している。

 

こうした科学的根拠を示しているのに、中国は猛反発してきた。

 

中国外務省の汪文斌副報道局長は22日の記者会見で、「深刻な懸念と強烈な反対」を表明し、「日本が誤った決定を正し、核汚染水の海洋放出計画を撤回することを強く促す」と述べた。さらに中国の孫衛東外務次官は同日、駐中国大使の垂氏を呼び出して、抗議してきた。

 

これに対し、垂氏は「(中国が)科学的根拠に基づかない主張を行っていることは残念だ」と述べ、中国が日本産水産物などに対する事実上の輸入規制を敷いたことにも「科学的根拠に基づかない措置は受け入れられない」と、真っ向から反論した。

 

垂氏はさらに、中国側が処理水を「核汚染水」と呼んでいることについても、「日本が海洋放出するのは『汚染水』ではなく、『ALPS(多核種除去設備)処理水』であり、中国側はこの用語を使うべきである」と強く求めた。

 

まさに正論である。

 

垂氏は、京都大在学中はラガーメンとして鳴らし、1985年に外務省に入省した。いわゆる「チャイナスクール(中国語研修組)」だが、国益重視の気骨あふれる外交官として知られた。中国・モンゴル課長や駐中国公使などを歴任し、中国での人脈の広さと情報収集能力の高さに定評があった。

 

第一次安倍晋三政権の対中外交理念である「戦略的互恵関係」を編み出した。第二次安倍政権時代の2020年9月に駐中国大使に起用された際には、「中国側が人事に同意しない」との見方も出たほどだ。

 

垂氏の対中姿勢をどう見るか

 

京都大学の先輩にあたる福井県立大学の島田洋一名誉教授は「垂氏は外務省のチャイナスクールには珍しく、中国にしっかり言うべきことを言う外交官として若いころから注目されてきた。大使として赴任した後の言動も信頼できる。現地にいる垂氏が頑張って発信を行っているのは、日本人の士気を鼓舞する意味でプラスになる」と話す。

 

ただ、日本の左派野党には、処理水放出に反対する向きもある。

 

共産党の志位和夫委員長や社民党の福島瑞穂党首は22日、X(旧ツイッター)で放出に反対を表明し、処理水を「汚染水」と呼んで政府の対応を批判した。

 

岸田政権は今後、どうしていくべきか

 

島田氏は「処理水問題で、中国が日本産水産物の輸入規制を行っているのは、日本が半導体などハイテク分野で米国に歩調を合わせて中国への輸出規制を行っていることへの報復だろう。岸田首相が議長を務めた広島G7(先進7カ国)サミットでは、中国の経済的圧迫に対してG7が結束して対抗措置を取ることを決めており、G7に対抗措置を呼びかけるべきだ。日本で風評被害を生み出している政治家に対しても、法的措置を含めた対応を取った方がいい」と語った。←引用終わり

|

« 社会を支え発展させるのは高度人財と生産に従事する高質な労働力だ! その社会全体の生産性が高ければその国は比較優位を形成する事ができる | トップページ | プッチンが率いるロシア経済の破綻を指摘し推量と分析を述べるのは希望的願望だろう「ロシア」も「中国」も「日本」も同様に正確な財政実態は不明だ »