« 日本と自民党を破壊し続けるPMキッシーこと岸田文雄の内閣! 売国を厭わず「日本の破壊と消滅」へ懸命な取組みの二股外交は国際的な信用も無く | トップページ | 遂に「日本郵船(NYK)」のチャーター輸送船が、イエメンの武装テロ組織「フーシ」に拿捕されたニュースが世界を駆け巡り、日本はオタオタするだけで »

2023/11/19

イスラエル軍は「ガザ」の北部をほぼ制圧したか? 「シファ病院」の地下がハマスの戦闘指揮所だったとの主張を裏付ける検索で証拠の裏付けが必要だ

パレスチナ・ガザの「シファ病院」を巡る状況:


「ハマス」軍事指導部の主要な面々が、どう民間人に身を替えシファ病院地下に構築した拠点から、南部へ逃亡したのか?


その追究がイスラエルには必要で課された重要テーマだ。


国際世論を転換させる上からも、
アルジャズィーラなどを含めたパレスチナ側に立ち「イスラエル非難報道」を繰り返す側に取材させる事が避けられなくなるだろう。


国際世論などと言うものは、
WWⅡに至った「満州事変」で、日本は非道で悪だと決めてかかる側が、
国際連盟という名で現地調査に派遣した「リットン調査団」を引くまでもなく、先に基本的な「結論」があり、その結論に至るための方法に則り「証拠」を集め「検証」し、予定の「結論」に至るように全体を整え形成し構築するワケで、大きく覆す事は、それ以上の論点を以て臨み打ち砕く必要がある。


引用開始→ イスラエル軍、ガザ最大病院で「トンネル」発見 建物近くで人質遺体―国防相「次の段階開始」
(時事通信 2023年11月17日 08時37分)

20231119-1

20231119

 【エルサレム時事】イスラエル軍は16日、地上侵攻しているパレスチナ自治区ガザで最大の医療機関、シファ病院の敷地から「作戦用の地下トンネル」を発見したと発表した。イスラム組織ハマスが10月7日の奇襲用に準備した大量の武器や弾薬を積んでいたとする車両も見つかったという。ハマス側は一貫して否定している。

 イスラエル軍は15日に、地下にハマスの司令部があるとしてシファ病院に突入したが、イスラエルの主張を疑問視する声も出ていた。発見したトンネルとされる動画を急襲翌日に公表することで作戦を正当化し、疑念を払拭したい思惑があるとみられる。

 ネタニヤフ首相は16日、米CBSテレビで、「(人質が)シファ病院で拘束されている可能性を示す情報があった。それが突入した理由の一つだ」と説明。「人質に関する情報はあるが、言わない方が良い」と語った。

 軍はまた、同病院近くの建物で、イスラエル南部のキブツ(集団農場)から拉致されたイスラエル人女性の遺体を収容したことも明らかにした。死因や死亡した時期は不明だが、軍報道官は「テロリストに殺された」と非難。建物には自動小銃なども残されていたとしている。

 ハレビ軍参謀総長は16日、「ガザ北部に存在する軍事システムの破壊に近づいている」と戦果を誇示。ガラント国防相も同日、「過去24時間でガザ市西部を掌握した。次の段階が始まった」と述べ、ハマス壊滅に向けた攻撃を拡大する意向を強調した。

 一方、ハマスの最高指導者ハニヤ氏は16日にSNSで公開した演説で、「敵の計画は失敗する」と徹底抗戦の構えを改めて鮮明にした。←引用終わり


引用開始→「手を上げろ」 ガザ最大病院に突入のイスラエル軍
(時事通信 2023年11月16日 15時27分)

【ガザ市(パレスチナ自治区)AFP=時事】数十人でなだれ込んできたイスラエル軍兵士が、拡声器を使って「16歳以上の者は手を上げろ」とアラビア語で叫んだ。顔を目出し帽で覆った兵士や、威嚇射撃する兵士もいた。

 イスラエル軍は15日、パレスチナ自治区ガザ地区最大のシファ病院に突入した。院内には患者や医療従事者、避難民など数千人が残っているとされる。
 数日前に同院内へ避難し、AFPと連絡を取り続けているジャーナリストによると、イスラエル兵は人々に「建物から中庭へ出て、降伏しろ」と命じた。

 イスラエル軍は、ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスがシファ病院の地下を司令部として使い、武器も保管していると主張。病院への攻撃は「精密で標的を絞った」作戦だと発表した。

 イスラエル、パレスチナ双方の当局によると、ここ数日でイスラエル軍はガザ北部にあるシファ病院を包囲し、昼夜を問わず激しい攻撃を浴びせている。周辺も空爆されており、10日には病院自体が砲撃を受け、13人が死亡した。
 目撃情報によると、院内は凄惨(せいさん)な状況で、麻酔なしで医療処置が行われ、食料や水も乏しく、避難家族が廊下にあふれ、遺体の腐敗臭が充満している。

 前述のジャーナリストは、イスラエル兵が廊下を走るとあちこちの病棟から数百人の若者が出てきたと語った。兵士たちはハマスの戦闘員を探して部屋から部屋へ移動しながら、威嚇射撃を繰り返したという。

病院敷地内に戦車
 また広大な病院の敷地内には、数台の戦車が入ってきているという。
 イスラエル軍は声明で、作戦実施中に保育器、離乳食、医療品などを病院に届けたと発表。「これらの物資を必要とする人々に確実に届くよう、われわれの医療チームとアラビア語を話す兵士が現場にいる」と述べた。

 だが、ハマスが運営するガザ当局は、病院で戦闘員を捜索するイスラエル軍の行為は「戦争犯罪と人道に対する罪」に相当すると非難している。
 一方、米ホワイトハウスは、ハマスとパレスチナの別の武装組織「イスラム聖戦」がシファ病院の地下に作戦用の「指揮統制司令部」を設けたとするイスラエル軍の主張を米情報筋が裏付けたと発表した。
 しかしハマス側はこれらの疑惑を否定。ガザ地区は数週間にわたってイスラエル軍に包囲されており、電気も発電機用の燃料もないとして病院内の窮状を強調している。

 国連は病院内に少なくとも2300人の患者、職員、避難民がいるが、戦闘が激しく脱出できない恐れがあると警告している。
 国連人道問題調整事務所(OCHA)はガザ保健当局のまとめで、14日に同病院で患者40人が死亡したと発表した。
 モハマド・アブサルミヤ院長は、これまでに計179人の遺体が敷地内の集団墓地に埋葬されたと述べている。【翻訳編集AFPBBNews】←引用終わり
〔AFP=時事〕

|

« 日本と自民党を破壊し続けるPMキッシーこと岸田文雄の内閣! 売国を厭わず「日本の破壊と消滅」へ懸命な取組みの二股外交は国際的な信用も無く | トップページ | 遂に「日本郵船(NYK)」のチャーター輸送船が、イエメンの武装テロ組織「フーシ」に拿捕されたニュースが世界を駆け巡り、日本はオタオタするだけで »