« ネコの経済効果が2.4兆円だと宮本勝浩 関西大学迷余狂受は経済効果の乗数理論を駆使し、忘れられないために一発勝負の言いっ放しに出たのかナ | トップページ | 横浜は、野毛山の裾「黄金町」の変遷を " 讀賣新聞 " が、アートの街への再生を取材し報じている。慶応と三田会を自慢する怒阿呆が蔑む事に腹が立ち »

2024/02/23

東証の平均株価がバブル崩壊から34年ぶりに3万9000円を突破したと、脳天気なハシャギぶりに屁把なニポンを眺め見てお笑い大笑い駄なぁ

東証の平均株価が3万9000円を超えたと手放しのハシャギようは、微笑ましくもあり、現況の市場条件を考えるとチョイとした違和感が残るとも言えますが。

91

まぁ、中国から資本が逃げ出しているだけの事で、30年以上日本をと言うか日本市場を小馬鹿にし警戒し、中国の方が儲かると香港市場を窓口にし、上海市場を強く推していたのが、経済政策の辻褄が合わず低迷し迷走が明らかになると、爆発的な損失を回避しようと東京市場へ一時的に避難しただけともいえ。


その東京市場も、中国の経済政策が明らかに破綻し臨界点を超え爆発すれば、その余波が及ぶ事も避けられず。
再び三度、足を引っ張られる懸念も残りますが。 呆ッ呆ッ呆ッ!


日本円での39000円に浮かれているだけじゃダメなので。


本来の取り組むべき生産性向上と構造上の改革を断固として取り組み、国全体の生産力を高めていれば、普通は11万4000円程になっていなければダメです。


基本的な財政赤字の要因「税収不足」も、何故かを考えない国民の平均的飼い慣らされ思考力と、横見て暮らせが大きいワケで、メディアの責任も大きいのです。


普通は、苦しんでいるドイツと同じ程度の生産性や生産力を保てば、一人当たりGDPは840万円程になります。現在の2.4倍で、平均株価は3倍程度で健全な経済です。


財政赤字の最大要因は、アベノミクスで消費に廻すカネのバラ撒き政策をした事(投票買収)で、本来の生産手段の投資に廻さずカネの消費を続けた事が最大です。

Photo_20240224105901

平均株価が当面の目標というか壁を越え復調した事。
それが、泡沫ではなく、溺れる事もなく、それを求めます。


繰り返しますが、基本の底流には「中国経済」の爆発的な破綻による被害を避けるため、香港と上海の市場から「一時避難先」として東京へ逃れている事実も見逃せません。


日本は、30年余り悲嘆に暮れ、自己改革も社会変革もせず、東洋の田舎者を守り続け、変な自信を持ち「欧米諸国」と張り合っていましたが、社会的変革を為さぬ間に、彼我の開きは甚大になりました。
いま、一生懸命に「背伸びし」先行する側を捉えようと必死ですが、それは歴史が160年戻されたと言うべきかと・・・


開国か、攘夷か、尊皇か、幕藩か、改革か、守旧か、消費か、投資か、まことに煩く賑やかで喧しい事ですが。
SNSやネットの世界は、新撰組が跋扈し、改革や改善を語る側を吊し上げ、吾が世の春を強制し、対する側も徹底的に批判し尽くすという状態かと。


やはり「戊辰戦争」は避けられず、現代社会は「甲辰戦争」に至りますかねぇ。
アホシンドに依る、最悪最低の10年が加わり、日本はアップアップしています。

|

« ネコの経済効果が2.4兆円だと宮本勝浩 関西大学迷余狂受は経済効果の乗数理論を駆使し、忘れられないために一発勝負の言いっ放しに出たのかナ | トップページ | 横浜は、野毛山の裾「黄金町」の変遷を " 讀賣新聞 " が、アートの街への再生を取材し報じている。慶応と三田会を自慢する怒阿呆が蔑む事に腹が立ち »