« 日本の伝統工芸を受け嗣ぎ研鑽し維持する職能者は激減中だが、経済合理化利益一辺倒に軸足を置き、隅へ追いやった側の新聞が免罪目的で何を言う | トップページ | 衆議院議員補選とりわけ「東京15区の選挙妨害や投票結果」を眺め観た感想は、乾いた砂の熱気に踊らされ浮つき掴めず選挙戦処理も組織総括も不明 »

2024/05/08

ハマスの徹底壊滅以外にパレスチナ・ガザでの平和も地域の安定もあり得ない! ハマスを統治者に選んだのは暴力と威迫に負けたガザの死眠である

パレスチナを巡る問題とハマスが引き起こしたガザ戦争の停・休戦:


原因の大半は、
パレスチナの統治能力に問題の根幹がある。


まず、何よりもパレスチナは国際社会で国家として存在しない。
即ち「主権国家」として認知され共有されていない存在でしかない。


その最大の事由は、国家としての「統治能力」に最大の問題がある。


国家の成立三要件は、
 ① 統治する領域が明確に存る事。
 ② 統治される人民が明らかに存する事。
 ③ それらを統治し共有される機構が存在する事。
この基本の①と②はパレスチナのガザにも存るが、③の統治能力は皆無に等しい。


様々な、ハマスや国連機関を始め、外国勢力が様々な形で展開しており、
誰が明確な統治権能を持ち最終的な統治者なのか実に疑わしい限りだ。


この度の戦争も、2023年10月7日にハマスが宣戦布告もなしにイランに嗾けられるまま、
イスラエルを一方的に攻撃し火蓋を切った。
対するイスラエルは反撃を開始した。これだけの事である。


ハマスは当初、ゲリラ戦も含めイスラエルに優位性を保つが、
本格的に反撃を始めたイスラエルには手も足も出ず、アズラジィーラを用い対国際社会への悲惨を訴える世論戦に出た。


この時点で、誰がこの戦争の原因者かを隠蔽し、
悪いのは「イスラエル」であると刷り込みに成功し、無知で無原則な国際世論は沸騰した。


いまは、
「ガザの市民が3万5千も死んでいる」と非難する。


ハマスの暴力テロを受け入れ「選挙」でハマスを選び、パレスチナ自治区との分断を選んだのはガザの無知民だ。


弱体な軍事力でも、その均衡を保つのは「統治能力」である事を理解せず、
簡易な貧者の爆弾を抱えた自爆テロに狂気喝采し、
ハマスの武勇に歓喜し続け、いま自業自得でガザの死眠となった。


ガザの停戦を求める相手は「イスラエル」ではなく、
ガザを支配する「ハマス」であり、カタールに温々と囲われたハマスの大幹部指導者とされるハニヤである。


無原則な国際世論も、無知なガザの市民も死眠になるのがイヤなら、イランに嗾けられこの戦争を引き起こしたハマスを倒す事だ。


無原則な国際世論は、
人道主義やら人権主義を掲げるが、最も人道を否定し人権を踏みにじっているのは「イラン」嗾けられ、指示に従う「イスラム過激派」の塵ドモである事を冷静に弁知せよ!


安全なカタールからハマスを指揮するハニヤは、自らが存在するために
イスラエルとの停・休戦に同意し戦争終結に合意するワケもない。


ハマスの「無条件降伏」以外に、ガザの平穏パレスチナの平和的な安定もあり得ない!


本当に倒すべきはカタールであり、イランであり、踏み潰すべきはハマスなのだという事の基本理解を欠いて、
パレスチナの平和もガザでの戦争終結もあり得ない。


引用開始→ ハマス幹部「ラファ攻撃継続なら休戦合意結ばず」 イスラエルは仲介国にも圧力か
(産経新聞 2024/5/8 08:33 佐藤 貴生)

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの幹部は7日、イスラエルがガザ最南部の人口密集地ラファへの攻撃を続けるなら、休戦合意は結ばないと警告した。一方でハマスは7日、代表団がエジプトの首都カイロに到着したとする声明を出し、エジプトやカタールが仲介するイスラエルとの休戦交渉に復帰する意向を示した。ロイター通信が伝えた。

イスラエル側は休戦案について受け入れられないとし、ラファで「限られた範囲」の攻撃を行い、エジプトに通じるラファの境界地域を制圧した。本格攻撃の可能性を示すことで、ガザと境界を接するエジプトにハマスへの圧力を強めるよう求める狙いもありそうだ。

ハマスは6日に休戦案を受諾すると表明した。幹部は「パレスチナ人の最低限の要求」が盛り込まれていたからだと理由を説明した。ハマス側によると休戦案は3段階に分かれ、人質などの相互解放のほか、イスラエル軍のガザからの撤収や恒久的停戦も含まれる。

ハマス壊滅を掲げるイスラエルのネタニヤフ政権は、戦闘再開を前提とする休戦を求めている。(中東支局 佐藤貴生)←引用終わり

|

« 日本の伝統工芸を受け嗣ぎ研鑽し維持する職能者は激減中だが、経済合理化利益一辺倒に軸足を置き、隅へ追いやった側の新聞が免罪目的で何を言う | トップページ | 衆議院議員補選とりわけ「東京15区の選挙妨害や投票結果」を眺め観た感想は、乾いた砂の熱気に踊らされ浮つき掴めず選挙戦処理も組織総括も不明 »