« 噴飯物の「政治資金改革」自民党案。近代国家の国政に参与する者として恥ずかしくないのか? 到底「許される範囲」を超えているため見放されたのだ | トップページ | 図体だけ大きく稼ぎ出せぬ福祉と健康の街「神戸市」は、ポピュリズム政治に翻弄され「生産力」も「哲学芯」をも喪い漂流する「日本」を表徴しているかと »

2024/05/24

「See You Again !」 美しい日本の風景を心から愛しながら帰国前に訪ね来た特派員の友人と「青春18切符」でローカルを旅し感動した話に花が咲き

外国特派員として長い年月を日本に滞在し、
大きな出来事から日常的な小さな生活譚のエピソードなどをレポートした友人が、
離日を前に訪ね来る。


旧交を温め、想い出を語り合う事になった。
一番の想い出は、日本のJRが季節限定期間限定で発行する「青春18切符」を使いアチコチをノンビリ訪ねた旅だと・・・
あれほど素晴らしい旅は経験できないという。
何よりも、日本の列車はローカルでも美しく乗り心地がよく、人も親切で、何よりローカルの風景に心を打たれたと。


その旅の愉しさを教えてくれた吾が方に感謝したいという。


で、今回は残念ながら国へ戻るけれど、
手続きを終えた後「フリー」になり、年に3度の「青春18切符」に合わせて日本へ来て、ローカルの鉄道旅をしたいのだと。
嬉しい事を言ってくれる。


日本は地図上では狭い国だけれど、コンパクトに纏まった「美しい自然」は見事であり唯一無二でしかも広大だ。
こんな美しい国に暮らす事ができるなら、それを実現できる事を願っていると言う。


話は尽きず、時は無情にも過ぎ行く・・・


帰国を前に、訪ね来てくれた事に感謝し、
「See You Again !」と、言い合い分かれた・・・

|

« 噴飯物の「政治資金改革」自民党案。近代国家の国政に参与する者として恥ずかしくないのか? 到底「許される範囲」を超えているため見放されたのだ | トップページ | 図体だけ大きく稼ぎ出せぬ福祉と健康の街「神戸市」は、ポピュリズム政治に翻弄され「生産力」も「哲学芯」をも喪い漂流する「日本」を表徴しているかと »