« 大学の年間授業料は「国・公・私立」の別なく、年250万円を基本にすべきと考える! 国・公・私の別は設立開設時の基盤が何であったかの指標に過ぎず | トップページ | 株主総会は経営課題を議論し決議する場であり、決して耳目を集める事案の当事者を公開の場で糾弾し「私刑」を与え断罪する「人民裁判」の場ではない »

2024/06/14

G7サミット出席でイタリアへ行ったりアのPMキッシー! 序でにローマ帝国は「移民」の受け入れと定着を促進した事で滅んだ本質を学んで来やがれ

PMキッシー

12日から、
お気楽、お気軽に、G7サミット出席で行ったりアと、
イタリアへ出かけるのは、絵に描いたノォテンキで、
実にオメデタイ!?


ナァ〜ンにも心配などしないし考えた事もないのだろ。
呆けのマヌケ面には緊張感もなく、
「オォ!それ見〜ヨ!」と、言われりゃ、
「畏れなどナシ」と、シャモジを取り出し冒涜し、
ノッペラの馬面は、一段とサァ〜イテェ〜のヅラに見え!


門田隆将氏でなくとも、日本を大切に考える側は、その無能、その無原則、その無責任に、辟易させられ続けておる把!


イタリアへ行けば、栄華を誇った「ローマ帝国」が滅びた理由を学んでみやがれ!
「テルマエロマエ」は、ヨイ学習材料だろ!
あぁ、そりゃぁローマまで行かなくても、日本でヤマザキマリエに聞いてもヨカロ!


引用開始→ 岸田内閣支持率21% 発足以降最低に 不支持率は60% 世論調査
(NHK 2024年6月10日 19時00分)

NHKの世論調査によりますと、岸田内閣を「支持する」と答えた人は5月の調査より3ポイント下がって21%と、岸田内閣の発足以降、最も低くなりました。一方、「支持しない」と答えた人は5ポイント上がって60%でした。

240610

NHKは、6月7日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは2422人で、49%にあたる1192人から回答を得ました。

岸田内閣を「支持する」と答えた人は5月の調査より3ポイント下がって21%と、3年前・2021年10月の内閣発足以降、最も低くなりました。

また、2012年12月に自民党が政権に復帰して以降で見ても、最も低くなりました。

一方、「支持しない」と答えた人は5ポイント上がって60%でした。

支持する理由では「他の内閣より良さそうだから」が48%、「支持する政党の内閣だから」が22%、「人柄が信頼できるから」が13%などとなりました。

支持しない理由では「政策に期待が持てないから」が49%、「実行力がないから」が24%、「人柄が信頼できないから」が9%などとなりました。

議員への罰則強化や、政治資金の透明化策などを盛り込んだ政治資金規正法の改正案が、自民党と公明党、日本維新の会などの賛成多数で衆議院を通過しました。

この評価を尋ねたところ「大いに評価する」が3%、「ある程度評価する」が30%、「あまり評価しない」が32%、「まったく評価しない」が28%でした。

改正案では、現在、使いみちの公開が義務づけられていない「政策活動費」について10年後に領収書を公開するなどとしていますが、この案が妥当と思うか聞いたところ「妥当だ」が13%、「妥当ではない」が75%でした。

また、改正案で、政治資金パーティー券の購入者を公開する基準額を、現在の「20万円を超える」から「5万円を超える」に引き下げたことについて、4つの選択肢をあげて尋ねたところ「引き下げるべきではなかった」が3%、「妥当だ」が22%、「さらに引き下げるべきだ」が24%、「パーティーはすべて禁止すべきだ」が40%でした。

改正案には企業・団体献金の禁止が盛り込まれていません。

企業・団体献金を禁止すべきだと思うか聞いたところ「禁止すべきだ」が50%、「禁止する必要はない」が35%、「わからない、無回答」が15%でした。

6月から1人あたり年間で所得税が3万円、住民税が1万円減税されますが、この評価を尋ねたところ「大いに評価する」が7%、「ある程度評価する」が33%、「あまり評価しない」が34%、「まったく評価しない」が18%でした。

電力大手10社の6月請求分の電気料金は、物価高騰対策としての政府の補助金が縮小されるため、5月と比べ値上がりします。

いま節電を意識しているか聞いたところ「大いに意識している」が26%、「ある程度意識している」が47%、「あまり意識していない」が16%、「まったく意識していない」が6%でした。←引用終わり


引用開始→ 政党支持率 自民は25.5%で政権復帰以降最低に 無党派層は44%
(NHK 2024年6月10日 19時30分)

20240610_20240614144201
6月の各党の支持率です。

「自民党」が25.5%、
「立憲民主党」が9.5%、
「日本維新の会」が3.6%、
「公明党」が2.4%、
「共産党」が3.0%、
「国民民主党」が1.1%、
「れいわ新選組」が1.4%、
「社民党」が0.3%、
「参政党」が0.2%、
「みんなでつくる党」が0.3%、
「特に支持している政党はない」が44.0%でした。←引用終わり

|

« 大学の年間授業料は「国・公・私立」の別なく、年250万円を基本にすべきと考える! 国・公・私の別は設立開設時の基盤が何であったかの指標に過ぎず | トップページ | 株主総会は経営課題を議論し決議する場であり、決して耳目を集める事案の当事者を公開の場で糾弾し「私刑」を与え断罪する「人民裁判」の場ではない »