2006/03/29

大阪ミナミ「ふぐ」の名店を誉め尽くす

遠来の友邦人と、大阪はミナミで「ふぐ」を味わい尽くす!

朋之邦是遠方在
来訪吾此朋遠方
吾催宴是朋歓迎
朋希食是河豚哉
食河豚亦呑鰭酒
過瞬時亦大楽哉

Futomasa140971_l さて、つかの間の時を共に楽しく過ごすため、大阪はミナミ(千日前)の「ふぐ料理店」へ出かける。「ふぐ」は「なにわ」の食文化の真髄である。
近隣の友人が遠来の友の情報(ネタ)を聞き、勝手に駆けつけ参卓する。
天然の「ふぐ」は、「盛り」を越え、そろそろ「名残」の時期である。
そのため、良質の「ふぐ」を安定供給できる「太政(ふとまさ)」本店を訪ねることにした。

友の付き人は、「ふぐ」が初めてという。
友のボスは、以前、東京で「ふぐ」を食べた経験があるという。
駆けつけた近隣の友人は「ふぐ」については大変な食通である。

ゆびき
てっさ
ひれ酒
白子味噌焼
なべかわ
てっちり
雑炊
あっさり(漬物)

太政では、「皮の湯引き」は「てっさ」に添えられるものは僅かだから、「湯引き」の基本は単品である。単品で注文するとたっぷり出てくる。

「ゆびき」を肴に「ひれ酒」を飲む。厚めでこんがり焼いた「鰭」がたっぷり入っている。ガラスのコップに「ひれ酒」の琥珀色が濃く美しい。「ひれ酒」は何と言っても大阪が最高だ。

Futomasak043000pm1_b 太政の「てっさ」は厚めで器も気取りはない。東京の「ふぐ」屋は絵皿の柄が見えるよう、薄造りにしたがるが、太政では「ふぐ刺」を舌と歯で豪快かつ存分に味わえる。「てっさ」は肝を和えたポン酢で食べる。

Futomasashirako3 太政の白子は味噌焼に限る。「白子の味噌焼」は太政名物で実に美味い絶品である。

太政の真打ちは「てっちり」である。厚身の「ふぐ」を鍋で食べる。「てっちFutomasak043000pm1_a り」は太政がこだわる厚身の河豚が満載されてくる。東京のように身をしゃぶるようなケチな食べ方をする必要は全くない。

最後はやっぱり「雑炊」で締める。皆さんの胃はいずれも満タンで食欲はそれほどでもなかったけれど、それでも5人で2人前を仕上げ、それぞれの胃袋は幸せに満たされるのだった。

旨い。美味い。うまぁ~い!
喰った、喰った、食べた、食べた、呑んだ、呑んだ。満足。堪能。口福。幸福。
口を揃えて、全員が、感想を漏らした、残した。

美味は国境を越え胃に収まる。

かつて、開高健先生は「幸せは、必ず、胃袋をとおる」と看破されたが、正しくそのとおりだった。

かくして、「友情は深まったのか、深められたのか」定かでなく、明らかではないが、卓を囲んだ5人の口と胃と気持ちは幸せに包まれた。

双方の国の料理について、お互いが、自然に、紹介し「あれを食べたか?これはどうだ!?」などと、ひとしきり話の花を咲かせることもできた。

関西人は料理と味覚についての拘り方が違う。とりわけ大阪では東京のように気取りをウリにすることはない。大阪の人は見栄えにも拘り楽しむが、それよりもやはり実質を選ぶ。安くて美味い店を愛する大阪で、太政(ふとまさ)は創業50年、千日前本店、日本橋店、黒門店(持ち帰り)と近接して3店舗を維持している。本当に「ふぐ」の味覚に拘る人からは圧倒的な支持を受ける、押しも押されもしない堂々たる横綱である。

近隣から駆けつけた友人は、「ふぐ」については達人を自称?する。2日前にもある街で「ふぐ」を食したと言うのだが、しかし「太政」の「ふぐ」は「旨い。美味い。実にうまい。美味しかった。満足できた」と、味わいを誉めることのない友人が誉め言葉で締めた。

但し、支払いの時だけは、少し酔いが覚め、息を呑むことになったような気もするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)